OLEXブログ

英語のオシゴトと私 第11回 ―河村和也
若林先生と作ったテスト

2019年12月27日|英語のオシゴトと私

 県立広島大学の河村和也です。「教師生活25年」と聞いて『ど根性ガエル』の町田先生の顔を思い浮かべることのできるのはわたしと同世代の方々ですが、そんなわたしも教師生活30年を数えることとなってしまいました。中学校・高等学校の教員として15年を過ごし、思うところがあって大学院に学び、そのあとは大学の非常勤講師として暮らす日々が続きました。東京に生まれ育ったわたしですが、広島の大学に勤務することになり、もう3年が経とうとしています。今年、『英語教育』(大修館書店)の5月号にわたしの30年間を振り返る文章を掲載していただきました。ご興味がおありでしたら、お読みいただければ幸いです。
 さて、今回は白梅学園の細井俊克先生からバトンタッチを受けました。細井先生とは不思議なご縁をいただき今日に至っています。何を書いたものかとずいぶん考えましたが、細井先生との共通の恩師である若林俊輔先生(1931-2002)のことを書こうと思います。
 お若い方は、若林俊輔という名前になじみがないかもしれません。70歳で亡くなられて間もなく18年になりますが、1980〜90年代を中心に、日本の英語教育について積極的に発言された方です。最近、先生が雑誌等に書き残された数多くの文章から主だったものを採録した書物も出版され、その主張の内容があらためて注目されています。『英語は「教わったように教えるな」』(研究社、2016年刊)などわたしの関わらせていただいたものもありますので、ぜひ一度お手に取っていただければありがたく思います。
 若林先生の経歴をたどると、大学の卒業と同時に東京都文京区立第六中学校の教員となり、ELEC(当時は日本英語教育研究委員会、後に財団法人英語教育協議会)に主事補として移られました。その後、群馬工業高等専門学校、東京工業高等専門学校、東京学芸大学を経て東京外国語大学に転ぜられています。細井先生とはずいぶん世代差がありますが、ふたりともこの東京外国語大学で若林先生に教えをいただきました。
 先生のお仕事は多岐にわたります。この稿では、お若い頃、特にELECから2つの高専にかけての時期になさったお仕事のうち、世間にあまり知られていないものをご紹介しようと思います。
 それは、ある女性との出会いがきっかけでした。津田塾大学を卒業し母校のLLに勤務されていた三神順子さんとおっしゃる方がELECの事務局に入って来られたのです。若林先生ご自身、還暦記念論文集に「自分史」を書かれる中で、このときの出会いを振り返っていらっしゃいます。
 この女性は渋谷にある中高一貫の女子校にも非常勤講師として勤務されていました。当時の若林先生はLLの設計や運営に強い関心を寄せていらっしゃったこともあり、ELEC退職後は高専に勤務するかたわらその学校に非常勤講師として赴き、現場の中学校の先生たちと共同でリスニングテストを開発されたのです。先生がその学校で仕事をされたのは1964年4月から2年間とうかがっています。
 なぜわたしがそんなことを知っているかというと、わたしもその学校に勤務していた時期があるからなのです。今から20年ほど前のことです。当時もそのテストは「現役で」使われていました。
 三神順子さんは結婚され別の姓を名乗っていらっしゃいましたが、わたしが若林先生のゼミの出身であることを喜んでくださり、よく懐かしい話をしてくださったものです。このリスニングテストのことは「若林先生が作られたテスト」とか「若林先生と作ったテスト」とおっしゃっていたように思います。
 当時すでに考案から30年を経ていましたが、今思い出してもなかなか面白いものでした。テストの現物が手元に残っていないのが残念ですが、さまざまな問題形式の中で、とりわけ印象に残っているものをひとつご紹介しましょう。
 いわゆる定期試験です。生徒には問題と解答用紙が配られます。生徒の問題には、次のように印刷されています。

    1. at    2. of    3. to    4. with

 わたしたち教員は3人体制で放送室にいるのですが、この問題のときにはマイクに向かって次の英文を読み上げます。

       Meet me in front ♪ the library at 4 o’clock.

 放送室には鉄琴があります。放送の始めと終わりに「ピンポンパンポン」と鳴らすあの楽器です。チャイムとかビブラとも呼ぶそうですが、この英文の ♪のところで、これを1回だけたたくのです。3人で放送室にいたのは、読み上げる係と鉄琴を叩く係、それにタイムキーパーが必要だったからです。緊張の生放送でした。タイミングをはずすわけにはいきません。50分の試験時間のうち30分ほどを使ったテストでしたが、終わるとぐったりしていたことを思い出します。
 この問題に出会ってから20年。類似の出題形式を見たことがありません。もっとも、それは「寡聞にして知らない」ということなのかもしれません。インターネットの世界に発信する機会を得ましたので、この試験の由来等についてご専門のみなさまからご教示いただければ幸いです。
 最後にもうひとつ思い出したことがあります。このテストは「リスニングテスト」や「ヒアリングテスト」ではなく「ラボ」のテストと呼ばれていました。語学ラボラトリーの「ラボ」です。この響きに、この問題が作られたであろう1960年代半ばの英語教育の様子がしのばれるように思います。
 英語教育の歴史に関心を寄せ研究のテーマとするようになったわたしですが、若林先生ご自身のお仕事について詳しくうかがうことはほとんどありませんでした。恩師が30代の頃に作られたリスニングテストのことを思うにつけ、そのことが悔やまれてなりません。英語教育史研究は先生がわたしに与えてくださった大きな宿題です。派手なところのない仕事ですが、今後も一歩ずつ進めて行きたいと思っています。


【プロフィール】河村 和也(かわむら・かずや)
県立広島大学総合教育センター准教授。専門は英語教育史。
東京都足立区出身、広島県庄原市在住。
主だった著作に、『外国語活動から始まる英語教育:ことばへの気づきを中心として』(あいり出版、2014)、『英語は「教わったように教えるな」』(研究社、2016)がある(いずれも共著)。
日本英語教育史学会理事、日本英学史学会中国・四国支部理事、語学教育研究所評議員、庄原市教育事務評価検討委員。
趣味は舞台鑑賞。OSK日本歌劇団と宝塚歌劇団の大ファン。

 

 

英語のオシゴトと私 第10回 ―前田隆子
良き師たちとの出会い

2019年11月5日|全てを表示

 大学で英語を教えるようになってすでに四半世紀が過ぎてしまった。思えば、「将来就きたい職業は?」と聞かれれば、小学校時代は「小学校の先生!」と答え、中学・高校時代には「英語の先生!」と答えたほど、私はずっと先生になりたいと思ってきたらしい。だから大学では迷わず教職課程を履修し、晴れて中学・高等学校の英語の教員免許を取得した。
 どうしてこんなにも先生になりたかったのか?それは、幼稚園から大学院に至るまで、良き師との出会いの連続だったからだと思う。特に中学1年の時の英語の先生との出会いが私の一生を決めてしまったようだ。その方は若い女性の先生で、彼女の素晴らしい英語の発音のおかげで、一歩でも先生に近づきたいという憧れの思いを抱いて、一生懸命に英語を勉強した。また頻繁に職員室に先生を訪ねて、いろいろな質問をしたり、先生から特別な課題(“The Elves and the Shoemaker”『こびとのくつや』という絵本を毎週少しずつ日本語訳していくというもの)をいただいて、必死に取り組んだことは良い思い出でもある。この頃同時にNHKのラジオ講座「基礎英語」を毎日楽しく聞いていた。小島義郎先生が講師をなさっていて、毎週土曜日のキャロライン洋子さんが歌う「英語の歌」のコーナーが一番のお気に入りだった。この番組を聴きながら、たくさんの英文を音読したり、英語の歌を覚えたりしたことが私の英語力の素地となっている。
 高校は帰国子女の多い学校に進んだのだが、入学式の日に学校に到着してトイレに入っていたら、扉の向こう側から英語のおしゃべりが聞こえてきて、「私はこの高校でやっていけるのだろうか。」と急に不安に襲われたことを今でもはっきりと覚えている。しかしそれはあっという間に杞憂に終わり、帰国子女の友人たちからたくさんの外国の話を聞いて、海外へのあこがれが一層増したものだった。ただこの高校3年間は、英語の「生き字引」とも言える友人に頼りすぎたきらいもあり、英語の勉強が少しおろそかになった時代でもあった。
 大学入学後は2年次から英米文学科に進み、様々な英文学作品に親しんだり、古英語と格闘したりした。この頃もNHKのラジオ講座のお世話になり、大学4年生の頃は杉田敏先生の「やさしいビジネス英語」を聞くようになっていた。今回このリレーエッセイのバトンをいただいた三谷裕美先生(獨協大学)は当時からの友人で、二人でラジオ講座のスキット1週間分を週末に暗記し、月曜日には暗記した英文で会話するという練習をしていた。(良き友との出会いにも感謝!)
 さらに大学では教職課程を履修したことは先に述べたが、「英語科教育法」の授業で見たBBC制作の“Teaching Observed”という番組が私の研究テーマとの出会いとなった。この番組は、アジア、アフリカ、南米など英語が第一言語ではない国々での初等学校における英語教育を紹介したもので、私にとっては「目からうろこ」であった。当時から日本人の英語力の低さは問題視されていたが、「中学からではなく小学校から英語教育を開始すれば、日本人の英語力はもっと向上するのではないか。」というなんともシンプルな仮説を立てて、卒論に取り組んで以来、私の生涯の研究テーマとなった。
 このように私の人生は良き師たちによって導かれたと言っても過言ではない。現在は小学校で英語を教える教員のための研修や教員養成に関わっているが、私は彼らにとって「良き師」となれているのだろうか?私が英語との「幸せな出会い」をしたように、全国の子供たちが良き師を通して英語と幸せな出会いができるように、これからも日々精進していきたい。

 

【プロフィール】前田 隆子(まえだ・たかこ)

明海大学・外国語学部・英米語学科・専任講師。専門は英語教育学。『学校変革実践シリーズ 第7巻 国際人を育てる』(ぎょうせい、1998年)、『スタディベア 中学 英文法』(旺文社、2002年)、『大学における学習支援への挑戦―リメディアル教育の現状と課題―』(ナカニシヤ出版、2012年)などの執筆に携わる。趣味は英語、韓国語、タガログ語で歌うこと。

英語のオシゴトと私 第9回 ―細井俊克
現代の教師として生涯学習社会を生きること

2019年9月6日|全てを表示

 東京都小平市、白梅学園の細井俊克です。立命館中高の今井先生からご指名をいただきました。これまでの執筆者の方々が、私にとっては雲の上のような存在のスーパースター的先生方でありまして、正直荷が重いとは思った次第。しかしながら、尊敬する今井先生のバトンということになれば、いい加減なことを書くわけにはいきませんし、下手をすれば同郷人として活躍されている先生をはじめ北海道の恥さらしになってしまいます。心していきたいと思います。
 さて、「英語のオシゴトと私」というお題です。自分のことをいつまでも授業が下手だなぁ、素人だなぁ、と思いつつ英語教育に携わりながら、数えてもう十数年になりました(教え子たちには「本当にごめんなさい!!」)。実年齢の割には教歴も短く、まだまだ新参者の気持ちが消えないのは事実でありますが。今回は、私が英語をオシゴトにするまでの紆余曲折、波瀾万丈(という割には小粒なのですけれども…)のパーソナルヒストリーをご紹介して、教員にもいろんな人がいるよなぁ、というようなことを再認識する機会としてでもご笑覧いただければ幸いです。
 生徒に聞かれれば年齢28歳と答えることにしている私、北海道を大学受験で出まして東京に渡り、実質、東京人としての期間の方がはるかに長い人生と、既になってしまいました。大学では外国語学部英米語学科というところに在籍し、高校1種の教員免許を英語科と地歴科で取得、華々しく教員歴をスタートさせるかと思いきや、職業として最初のキャリアとなったのは水泳のコーチでした。フリーの水泳コーチとしていろいろなところのスイミングクラブに「遊軍指導」(自分の仕事を勝手に自称したものです)しながら、母校の大学の水泳部を指導するという生活を続けていました。英語教育を考えればわかるかと思いますが、can doであればcan teachというわけではないのは周知のとおり(このことをわかっていない人がいっぱいいる‼)。泳げはしましたが、泳ぎの教え方は素人だと気付き、大学院で社会人学生として人間科学を学ぶことにしました(英語とはなんにも関係ないと思うかもしれませんが、身体活動の教授‐学習論をここでしっかり学んだことは、英語教育や生涯学習にも通じる得難い経験で、今の私には確実にプラスになったと思っています)。
 そのような生活をしていて働きながら大学院のマスターを修了、どうにかこうにか契約社員的な立場で水泳コーチを続けていたわけですが、スイミング関係でかかわりのあった前々任の芝浦工業大学中高で英語の教員が足りないということになり、非常勤講師として英語を教え始めたのが今から14年前の話になります。英語教員としてのキャリアはそこから。さらに学校を1つ経て、現在の白梅学園に落ち着いて現在6年目。
 こんな私ですが、現在も故あって、働きながら慶應義塾大学文学部に学士入学し、勉強させていただいております。この原稿も夏休みの真っただ中に取り組んでいますが、ちょうどスクーリングで慶應大学日吉キャンパスに毎日通っておりまして、慶應日吉メディアセンターのPCを使わせていただいて書いております。こんな感じで、一体全体いつまで勉強を続けるんだという感じではあるのですが。仕事しながら勉強することがどれだけ普段の授業につながるか。意識しているところはありませんけれど、今の立場に立ってみれば、いろいろなところの研修会に参加したり、授業で様々な分野の方々とかかわったりすることで、少なくともアクティヴ・ラーナーとしての姿ぐらいは、生徒たちに見せることができるかもしれません。
 生涯学習ということが叫ばれるようになって久しいですが、教育現場にいる我々教師は、なかなか新しいことを学んだり、幅を広げたりする時間的余裕が保証されているというわけではありません。やるべきことは山積みになっているし、部活や校務でも、本当に時間がない。だけれども、生涯にわたって少なくとも学び続ける方法を伝えていかなくては、持続可能な社会の担い手を育成していくことはできません(大前研一さんによれば、学ばない先生は生徒に対して不利益を与えているに等しいそうです)。そういうことのヒントを、忙しい中でもなんとか生徒に示すことができたらいいな、と思っているのです。明日どうなっているかわからないような、格差と不安定さに慣らされてしまっているような現代だからこそ。

 


【プロフィール】細井 俊克(ほそい・としかつ)

学校法人白梅学園 白梅学園高等学校 英語科 教諭
北海道帯広市出身、帯広三条高校、東京外国語大学卒、日本大学大学院修了。
日本スポーツ協会公認コーチ(競泳)、米国スポーツ医学会認定エクササイズフィジオロジスト。
水泳コーチとして活動したのち、2006年より芝浦工業大学中学高等学校を皮切りに教員生活をスタート。英語のみならず運動科学分野での経験を生かし、国立健康・栄養研究所において技術補助員も務めた。所属学会は日本医療情報学会、日本教育工学会、語学教育研究所など。座右の銘は小学生の時から「大器晩成」。