OLEXブログ

靴が鳴る ―続・日本の歌 <最終回>―

2011年10月26日|連載 続・日本の歌

童謡からロックに至るまで、幅広いジャンルからポピュラーな日本の歌の歌詞の一部を英訳して掲載している、『オーレックス和英辞典』のコラム「日本の歌」。このサイトでは1年間にわたり、毎月1作品ずつ、全歌詞の翻訳を紹介してきました。今月が最終回です。

最後にご紹介するのは、「靴が鳴る」です。“お手(てて)つないで 野道を行けば” という出だしだけでも、子供たちが外で楽しく過ごしている様子が思い浮かびます。「靴が鳴る」という部分の訳し方にはぜひご注目ください。

これまですべての歌の翻訳を、東京外国語大学客員教授 Caroline E. Kano 先生がご担当くださいました。キャロライン先生、1年間ありがとうございました。


靴が鳴る

作詞・清水かつら 作曲・弘田龍太郎

お手(てて)つないで 野道を行(ゆ)けば
みんな可愛(かわ)い 小鳥になって
歌をうたえば 靴が鳴る
晴れたみ空に 靴が鳴る

花をつんでは お頭(つむ)にさせば
みんな可愛い うさぎになって
はねて踊れば 靴が鳴る
晴れたみ空に 靴が鳴る


Merry Shoes
Translated by Caroline E. Kano

Hand in hand, we skip along the lane,
Like pretty little birds, let us all be!
When we sing, ①our merry shoes join in,
’Neath a clear, blue sky, ①our shoes ②with us sing!

Let us pick flowers, and put them in our hair,
Like lovely little rabbits, we will all appear!
When we dance, our merry shoes join in,
’Neath a clear, blue sky, our shoes with us sing!


①3, 4 行目の「靴が鳴る」は「陽気な靴が自分たちと一緒になって歌ってくれる」と訳した。

②詩的な表現として、beneathの代わりに’neathを用い、またsing with usではなくwith us singという語順にした。

③花を摘む動作は、1番で描かれる野道を行く動作と並列ではなく、その情景の中で起こるものととらえ、2番の出だしはその時間の流れを意識してLet us ~と訳した。

あの町この町―続・日本の歌―

2011年9月20日|連載 続・日本の歌

童謡からロックに至るまで、幅広いジャンルからポピュラーな日本の歌の歌詞の一部を英訳して掲載している『オーレックス和英辞典』のコラム「日本の歌」。ここでは毎月1作品ずつ、全歌詞の翻訳を紹介しています。

9月は「あの町この町」です。外で遊び疲れた子どもたちが家路につく夕暮れ時の情景が、リズミカルに描かれます。英語版もメロディーにのせて歌うことができるようになっています。東京外国語大学客員教授 Caroline E. Kano 先生による翻訳をお楽しみください。


あの町この町
作詞・野口雨情 作曲・中山晋平

あの町 この町
日が暮れる 日が暮れる
今きたこの道
かえりゃんせ かえりゃんせ

お家が だんだん
遠くなる 遠くなる
今きたこの道
かえりゃんせ かえりゃんせ

お空に ゆうべの
星がでる 星がでる
今きたこの道
かえりゃんせ かえりゃんせ


This Town and That Town
Translated by Caroline E. Kano

In this town and in that town,
The day is growing dark,
Oh, the day is growing dark;
Along this path by which we came,
It’s time to go back home,
Oh, it’s time to go back home.

Gradually, ③our happy home
Is fading far away,
Oh, it’s fading far away;
Along this path by which we came,
It’s time to go back home,
Oh, it’s time to go back home.

In the sky, the evening stars
Are beginning to appear,
They’re beginning to appear;
Along this path by which we came,
It’s time to go back home,
Oh, it’s time to go back home.


①「あの町 この町」は、英語では this town, that town という順序が自然。

②「かえりゃんせ」は「もう帰る時間ですよ」と呼びかけるように訳した。

③「お家」は単に home ではなく happy home と訳すことで、1日楽しく遊んだ子どもたちが帰るべき場所、という意味合いを込め、さらにhの頭韻を踏みながら全体のリズムをよくした。

④繰り返しの部分では oh を加えることで詩的な感嘆の響きを持たせた。

故郷(ふるさと) ―続・日本の歌―

2011年8月19日|連載 続・日本の歌

童謡からロックに至るまで、幅広いジャンルからポピュラーな日本の歌の歌詞の一部を英訳して掲載している『オーレックス和英辞典』のコラム「日本の歌」。ここでは毎月1作品ずつ、全歌詞の翻訳を紹介しています。

8月は「故郷」です。誰もが心の中に大切にしているであろう、生まれ故郷の思い出、そんな郷愁は日本人独特のものなのかもしれません。イギリス出身の東京外国語大学客員教授 Caroline E. Kano 先生による翻訳をお楽しみください。


故郷
作詞・高野辰之 作曲・岡野貞一

兎追いしかの山
小鮒(こぶな)釣りしかの川
夢は今もめぐりて
忘れがたき故郷

いかに在ます父母
つつがなしや友がき
雨に風につけても
思い出ずる故郷

志をはたして
いつの日にか帰らん
山は青き故郷
水は清き故郷


My Childhood Home
Translated by Caroline E. Kano

I chased hares ①among its mountains,
Fished small carp there in its stream.
These memories still fill my mind,
I cannot forget ③my childhood home.

I wonder how my parents fare?
I trust my friends are well?
Whether faced by rain or storm,
I think fondly on my childhood home.

When I have attained my dream,
I will return at last to my home,
My home, where the mountains are green,
My home, where ④the stream runs clear.


 

①日本語では高山から丘までを広く「山」と呼ぶが、英語ではmountainは高い山のみを指す。子供が遊んでいる場所が高山の上とは考えにくいので、ここでは on its mountainsではなく、among its mountainsと表現した

②「夢は今もめぐりて」は、思い出が今も自分の心をとらえて離さないのだと解釈し、「夢が今でも心をみたしている」と訳した

③ここでは「故郷」を「そこで育ち、幼いころの思い出がある場所」ととらえ、my childhood home と訳した

④「水は清き」の部分は、1番で描かれている「小鮒釣りしかの川」であると解釈し、同じstreamという語を再び使うこととした

 

この歌は、作詞家の高野辰之が自分の生まれ育った長野県の豊田村の山や川についてうたったものですが、これらは歌詞の中では敢えて特定されていません。日本人に共通する「心の故郷」のイメージが浮かんできて、だれもが懐かしく感じるのではないかと思います。

一方イギリスでは、本当の居場所を求めて早く独立し、住む場所を変えることが一般的なので、「いつか故郷に帰りたい」といった郷愁はあまり一般的ではありません。

生まれ故郷に対する思いは国や文化によってさまざまですが、それでもこの歌は世界中の人々にそれぞれのイメージや思い出を呼び起こしながら、親しまれ愛される魅力を持っていると思います。