OLEXブログ

「残念な英語学習者」にならないために ―石井智子

 
 香港在住の友人がいる。日本では20代で外資系投資銀行の管理職になった女性だ。香港に移住してから、中国語を学ぼうと地元の大学に入学した。そこには日本で大学を出たものの、就職できない若者が中国語をマスターして職を見つけようと留学してくるという。彼女によれば、このような日本人の若者にはいくつかの共通点があるのだそうだ。それは:①英語ができない。②リサーチしてpaper(学期末レポートや小論文)を書ける、という意味での基礎学力がない。③コミュニケーション能力が低い。
 
 先日もテレビで学生ローンを借りて大学を卒業したのに就職できなかった若い韓国女性のドキュメンタリーをやっていた。韓国だけではない。大学を卒業したのに職が見つからなくて学生ローンを返済できない若者の存在は日本でもアメリカでも社会問題になっている。大変な時代になったものだ。高校生の皆さんが本物の学力を身につけて、こんな時代を生き抜いて欲しい、と願わずにいられない。皆さんが30代40代になった時、労働環境はどうなっているだろう? 将来に備えて今からどんな勉強をすればいいのだろう?
 
 今年9月17日の「敬老の日」の時点で日本人の24%は65歳以上の高齢者だ。国民の4人に1人が年金生活の高齢者である国の国内市場だけを相手にしていたら生き残れないから、日本企業はコンビニ・外食チェーン・サービス業まであらゆる業種が続々とアジアの新興国へ進出している。このような状況下では労働環境はボーダーレス化する。
 
 私の友人のオランダ人はドイツのブラウン社、フィンランドの携帯会社ノキア、アメリカのマイクロソフト本社と転職し、仕事人生のほとんどで英語を使い、住む場所もベルギー、フィンランド、アメリカと変わった。①仕事で使う言語は母国語ではなく、②住む場所は母国ではなく、③同僚はさまざまな国籍の持ち主、という時代が来ようとしている。外国人学生を採用するユニクロとか、英語を社内公用語にする楽天のような会社は珍しくなくなる。
 
 だから、私は皆さんになるべく早い時期に英語を身につけて欲しい、と思う。まず、英語が話せること。帰国子女のような発音でペラペラしゃべる必要はない。今や英語を使う人間の圧倒的多数は英語を母国語としない人々なのだから、堂々と訛りのある英語を使って差し支えない。高いお金を払って英会話学校に行く必要もない。NHKラジオ英会話とCDを聴きながら、英語教科書の音読だけで充分だ。英語を話す機会があったら参加して、実際に英語を話して自信をつけること。私自身この勉強法で会話に不自由したことはない。
 
 それよりも重要なのは英語を読み書きする能力だ。高校生の時期からペーパーバックやAsahi WeeklyMainichi Weeklyといった英字新聞など、やさしい英語を多読して欲しい。英語学習においては読むことが最も大切だ。理由は2つある:①英語で考える習慣を身につけるため。②英語で情報収集できるようになるため。
 
 文法的誤りがないのに「この英語は通じないなあ。」という英語を書いたり、話したりしている人を見かける。日本語で考え、それをそのまま英語に置きかえているため日本人以外には通じない英語になっている。多読によって英語の発想法・ロジックを身につけて欲しい。
 
 ある程度英語が読めるようになったら、日本で発行されている英字新聞などではなく、是非ともNewsweekTimeなどの海外の新聞・雑誌を読んで欲しい。日本語で情報収集するのと英語でそれをやるのとでは、見える景色が全く違ってくる。日本語で手に入る情報は必ず日本のメディアのフィルターがかかっているからだ。将来の仕事に役立つ情報収集には英語の多読が欠かせない。
 
 次に英語を書けるようにしておくこと。英語にはスピーチから論文に至るまで同じ基本的な構造(序論・本論・結論が1:2:1の比率になっている)というものがあって、これがわからないとpaperも書けないし、スピーチもできない。
 
 高校生ならまず、英語で日記をつけるとか外国にメル友をつくることから始めるとよい。ある程度英語を書くことに慣れたらテーマを決めて書いてみよう。国公立大学には入試に英語の論文やエッセイを課すところがあるので、その問題をやってみよう。学校にネイティブスピーカーの先生がいて書いたものをチェックしてくださるのが一番いいのだが、いなければお金を払ってでもネイティブスピーカーに見てもらうこと。英語を書くことだけは独学ではだめだ。
 
 こんな勉強をしていたら受験勉強の暇がない、と思うかもしれないが、この勉強で受験英語の準備は充分だし、これで入れないような大学には行かないことだ。一歩国外に出れば日本の大学など誰も関心がないのだから、どの大学に進学しようが大勢には影響がない。そんなことより、高校時代の貴重な時間とエネルギーを見当違いな英語の勉強に使って、「残念な英語学習者」にならないことだ。
 
 
 
【プロフィール】石井 智子(いしい ともこ) 
立教女学院中学・高等学校英語科教諭。立教大学大学院修士課程修了(英文学)、テンプル大学大学院にてTESOL(英語教授法における教育学修士号)修得。
旺文社『全国大学入試問題正解 英語』校閲者。東進ハイスクールセンター模試問題作成者。著書に『日本の行事を英語で説明する辞典』(ナツメ出版)、『まる覚え英検熟語・単語集(2級・準2級・3級・4級)』(中経出版)などがある。
『オーレックス和英辞典』『コアレックス英和辞典』『レクシス英和辞典』で本文執筆を担当。

Coining New Words ––Nadia Mckechnie

 
My daughter goes to an English reading class on Saturdays. All the children in the class have at least one parent with whom they speak English at home and all of them go to Japanese schools. The class is very helpful for parents like myself who are trying to raise our children to be not only bilingual and bicultural but also biliterate1.
 
Recently, the children have been doing a term project on the famous American children’s writer, Dr. Seuss (Theodor Seuss Geisel, 1904-1994). You may be familiar with some of his titles like The Cat in the Hat or Green Eggs and Ham, or even our particular favorite, Wacky Wednesday. Dr. Seuss was a very innovative and creative writer who liked to make up or “coin” funny, nonsense words.
 
Last week my daughter’s teacher set the children the homework assignment of coining a new word themselves. (In case you are interested, one of the words my daughter came up with was hand-snack – a snack you can both open and eat with one hand while using the other hand to do something else like send a text or hold a book. I guess this coinage is a sign of the busy, multitasking time in which we live.)
 
This got me thinking about just how many words I use every day that simply didn’t exist when I was growing up. (This was, of course, in the “olden days” when a mac2 was still a raincoat, a mobile3 was something hanging above a baby’s bed, and a cyberbully4 would have sounded like a character from the popular children’s TV show, Doctor Who5.) Although new words have, as a matter of course, been coined as they become necessary throughout history, it is definitely the case that, due to the digital age, new words are becoming part of our common vocabulary much more quickly than in the past. But, which words will fall out of fashion again and which ones will stand the test of time? Although there are countless new/newish coinages, usages and neologisms (newly coined words which have yet to be accepted into mainstream language), here are a handful of words that I like or think are useful:
 
Sandwich generation – The growing generation of people who are finding themselves having to both take care of children, and care for elderly relatives at the same time.
A very succinct term that has become quite a buzzword as “sandwich generation problems and issues” increase.
 
Blogosphere – The world of websites and blogs and those who inhabit them.
For me, this fun, “sci-fi” word conjures up images of a world where people float in outer space like astronauts, connected to their laptops for life support!
 
Carbon footprint – The amount of carbon dioxide and other emissions that can be attributed to a particular person or group, mainly due to their use of fossil fuels.
I think this slightly older expression will continue to be relevant as we look for greener solutions for our energy needs. Other usages of “footprint” are cruelty footprint, as in “You can reduce your cruelty footprint by buying only cruelty-free cosmetics.” and digital footprint, as in “Have you checked your children’s digital footprints?”
 
Vintage – Denoting something that is of high quality or classic design.
In the past, the adjective vintage was most often used to describe fine wine or cars. However, nowadays you can’t open a fashion magazine without coming across vintage used to describe “secondhand” clothing, as in “She wore vintage cocktail dress to the party.” Somehow, vintage sounds so much more stylish and elegant to me than “secondhand” – which was the only word available to describe the vintage clothes I used to buy from street markets when I was a teenager!
 
Edamame – Green soybeans.
A fashionable food with a healthy image, sometimes served with hot pepper sauce in restaurants in my hometown, London. Edamame definitely sounds more appetizing and exotic than “soybeans.”
 
And finally,
 
Mouse potato – Someone who spends too long sitting in front of a computer screen, playing games, watching YouTube, etc.
This coinage is a newer version of the expression couch potato (meaning someone who watches too much TV). Although this expression will probably become obsolete along with the mouse, it still makes me smile whenever I hear it.
 
 
Key:
1 biliterate – able to read and write in two languages.
2 mac – short for macintosh or mackintosh – a generic term for a kind of rubber raincoat. These days, a popular brand of computer!
3 mobile – a freely moving structure often hung above a baby’s bed to offer visual stimulation. These days, the short form of “mobile phone.”
4 cyberbully – a person who bullies or harasses someone digitally by sending them nasty messages, etc. Also, cyberbullying as in “He was a victim of cyberbullying.”
5 Doctor Who – a long running, award-winning TV show produced by the BBC. The Cybermen were characters who first appeared in the series in the 1960s.
 
 
 
【プロフィール】Nadia McKechnie(ナディア・マケックニー)
 イギリス・ロンドン出身。これまで20年以上、英語教材制作と指導に携わる。『英会話フレーズ道具箱』『ダイアローグ リスニング』(旺文社)、『コトバで相手を怒らせないための“正しい”英語・礼儀作法』(マクミラン ランゲージハウス)の執筆、『全国大学入試問題正解・英語』(旺文社)などの校閲に多数関わる。また、NHK基礎英語2、3をはじめ、教育からコマーシャルにわたる幅広い分野でナレーターとして活躍。
 『オーレックス英和辞典』『オーレックス和英辞典』では英文校閲を担当。

記憶の不思議:酪農と英語,あるいはイクラとチェコ語―小崎充

 
 この春休み,ふだん全然一緒に遊んでやっていない罪滅ぼしに子供たちを連れ(正確に言うと彼らの母親の運転する車の助手席に乗せられ),あの有名な「マザー牧場」を初めて訪れてみた。乗馬をしたり,子ブタのレースを楽しんだりしている息子たちの姿を見ながら,心の奥底にしまわれていた自らの幼少期の記憶が蘇ってきたが,特に乳搾り体験をする少年たちが(そんなに遠くはないと自分では思っている)はるか昔の自分の姿に重なって見えた。と同時に,懐かしく強烈な牛舎の臭いも鼻に飛びついてきた。(食事中でなくてよかった。)
 
 ソビエトによる日本漁船の拿捕事件が頻発していた時代に,北海道の東の果て近くにある小さな町で育った私の周りには,英語が溢れかえっていた。冷戦期の米ソ対立の時代に,「悪意を持った隣人」という雰囲気を醸し出していたロシア人のことばを学ぼうとするものは非常に少なかった。だからと言って,北方領土返還運動にアメリカを巻き込もうとして皆が盛んに英語を学習していたということは,もちろん,あるはずがない。
 
 当時,人口がやっと2万人になるかならないかというその町は酪農の町で(牛は人間の2倍はいた。おまけに,学校のグラウンドをエゾシカが走っていたり,山に行けば羆が出たりすることもあった。),私の母の実家も酪農を生業としていた。両親が共働きだったせいか,3歳年上の兄とともに,物心ついたときからしょっちゅう母の実家に預けられていた私は,否応なしに英単語だらけの酪農文化に浸って育つことになる。
 
 酪農で英語?と思われるかもしれないが,酪農家の毎日は実は英単語と切り離せない。飼育していた牛の種類はホルスタイン(Holstein)で,これは元々英語ではないけれど(ちなみに,ドイツ語起源だそうな。),餌となるのは主に牧草のチモシー(timothy:「オオアワガエリ」という和名は,恥ずかしながら今回調べて初めて知った。)や,それをサイロ(silo)で発酵させたサイレージ(silage:辞書によると,この単語はensilageからsiloの影響で語頭のenが欠落したという面白い単語)。秋にはビート(beet:テンサイ、サトウダイコン)やデントコーン(dent corn:家畜の飼料用トウモロコシ)を収穫して餌にすることもあった。牛の世話にはフォーク(fork)やレーキ(rake)を使い,乳搾りにはミルカー(milker = milking machine:搾乳器)が活躍した。まだまだパイプライン型ではなく,バケット型のものであった。
 
 こんな風に英語が当たり前のように日常に登場する生活の中で,ある日なじみのない単語が耳に飛び込んできた。それは「トワイン」であった。当時は刈り取った牧草を機械で直方体の形にぎゅっと圧縮し,2本の細紐で縛るのが普通だったが,その細紐のことをトワインと呼んだ。その頃はもうすっかり毎日の牛の世話にうんざりしていて,この紐のことを特に気にかけはしなかったが,その後何年も経って,確か大学1年の何かの英語の授業中,それがtwineという「より糸,麻紐」を表す語だということに気づくことになる。その語の意味を知ったとき,子供の頃,重い牧草の束を持ち上げる度に手に食い込んだトワインの乾いた痛みと牧草の青い匂いが心の中に鮮やかに浮かび上がった。
 

牧草の束。ただし残念ながらこの紐は「トワイン」ではない


 

 無意識のうちに記憶に刷り込まれたまま忘れ去られていた情報が突然,外国語の学習により息を吹き返す。断片でしかなかった小さな知識が,その他の情報と結びつき,自分の頭の中で意味のネットワークを形成していく。そんな経験に魅了された私は,ことばの研究から離れることができなくなっていった。
 
 大学3年になってチェコ語を習った時には,「魚卵」を表す単語がロシア語と同じ語源のjikraであることを知り,それが子供のころからの好物であるイクラに結びついた。ちなみに,英語では魚の卵を表す語としてroeという単語があるが,これは産卵前の塊になったままの卵を指す語で,どうもイメージとしては美味そう(mouthwatering)な感じのしない語である。そのため,最近では,鮭のイクラを表すのにsalmon caviarという表現がよく用いられる。「キャビア」というとチョウザメの卵を塩漬けにした高級食品であるが,イクラもキャビアと呼ばれるとずいぶんと高級な食べ物のように感じられるから不思議だ。(本家のロシア語では,キャビアはчёрная икра(チョールナヤ・イクラー、「黒い魚卵」の意)で「イクラ」と呼ばれていることもまた面白い。)
 
 話が逸れてしまったが,こんな些細な記憶でも何かのきっかけで突然心の中に舞い戻ってくることがあるのが記憶の不思議であり,心やことばの研究者が解き明かそうとしている謎である。チェコ語を教えて下さった(著名であり,かつ毒舌な)言語学の先生は,よく大学近くの食堂で一緒にカレーライスを食べながら,私に向かって「意味はやるな。意味にはまると抜けだせなくなる」と忠告して下さったのだが,そのアドバイスが,意味を扱えば記憶の研究を避けて通れなくなるという意図であったと,今ようやくわかりつつあるところだ。それもまた記憶の不思議だと思いつつ,次の研究計画を練っている自分がいる。
 
 
 
【プロフィール】小崎 充(こざき まこと)
国士舘大学理工学部(健康医工学系)教授,2010年より同学部教務主任。東京外国語大学,同大学大学院を修了。専門は認知言語学を中心とした認知科学。
『オーレックス和英辞典』で「使い分けテーブル」、『コアレックス英和辞典』で「語の使い分け」を担当。
(写真は脳内を流れる血液中のヘモグロビン量を調べるポータブル型光トポグラフィを装着した筆者)