OLEXブログ

英語のオシゴトと私 第4回 ―小林めぐみ
心のサプリ:多読と映画鑑賞と・・・

2018年11月21日|英語のオシゴトと私

 大学で英語を教え始めて約20年になる。その間に、「どうやったら英語ができるようになりますか?」という質問を何度受けたことだろう。私が知っている限り、この方法がベストだ!というような無敵の勉強法は今のところ見つかっていない。ちまたには「3日でできる!」とか、「聞いているだけで英語が身につく」とか、魔法のような言葉も飛び交っているが、そんなに苦労せずに身につけられるなら、みんな今頃ペラペラになっているはずである。以前、とある先生が、英語をどのくらい勉強すればいいのか、ではなく、英語を身につけたいなら「できるようになるまでやるんだよ」とおっしゃっていたが、それを聞いて深くうなずいてしまった。結局どの程度自分が英語に向き合ったのかが問題なのだ。(もっとも私は常々楽して痩せる方法はないものかと思っているので、あまり人のことをとやかく言う資格はないが。)
 ただ、やり方次第、教師の工夫次第で変わる部分ももちろんある。普段の授業では、興味を持ってもらえそうな、中身の濃いコンテンツ(トピック)に加えて、使えそうな学習方法・スキルを伝授することと、実際に練習する場を設けることを心掛けているが、眠たそうな学生の姿を見かけるときももちろんある。そんなときは、学生を惹きつける話術があったらなあとよく思う。知り合いの先生はユーモアのセンスにあふれていて、同じ話をしてもなんだかおもしろくてつい聞いてしまう。私もマネできないかと思うが、これが難しい!
 ほかに私が苦手とすることはスペルを聴き取ることだ。アメリカの大学では、講義中先行研究が多々引用されるが、研究者の名前のスペリングも口頭で言ってくれることが多い。(例えばWeinreich, w-e-i-n, r-e-i, c-hというように。日本語だったら、「ウエダ」の書き方を植木の植えると田んぼの田です、とでも伝えているイメージだろうか。)けれども恥ずかしながらこれをきちんと聴き取れた試しがないのである。
 ユーモアのセンスも巧みな話術も(それから私にとってはスペリングの聴き取りも)、なかなか身につかないが、教師も何かしら努力を続けていることは大事だと思う。知り合いの英文学の先生は大変格調高い英語を話されるが、「僕はいまだに毎日欠かさず英文を声に出して読んでいます」とお聞きし、ますます尊敬するようになった。
 私の普段の英語力鍛錬はといえば、もっぱら趣味と実益を兼ねた多読と映画およびドラマ鑑賞だ。アカデミックな英語力向上には直結しないかもしれないが、簡単なgraded reader (レベル別多読用図書)や絵本を読んでも、意外とよい復習になる。例えば「乗り物に乗る」というとつい“ride”という動詞を思い浮かべるが、「ほら、乗って!」と言いたいときには“Ride!”というより“Get on!”を使う。そんな簡単だけど侮れない表現がちょくちょく出てくる。この頃はaudiobookも大活躍だ。Agatha ChristieのBBCラジオドラマやJeffrey Archerの作品、Stephen FryとBenedict Cumberbatchによる朗読など、以前に読んだ本を今度は聴きながら楽しんでいる。
 映画やドラマも、英語を学ぶ素材としても動機づけとしても使えると思う。好きなドラマが同じだと話も盛り上がるものだ(私のお気に入りはWhite CollarSuits Season 2まで)。映画やドラマを観ながら常に社会言語学やWorld Englishesのサンプルとして使えるネタはないかと探してしまうのはもはや職業病だが、映画やドラマ鑑賞はストレス解消にもなる。しかしドラマにはまってしまうと、いくら学習の一環と言い訳しても日々の仕事に支障をきたすので要注意である。
 最近は自分のキャパ以上の仕事を担当することになり、(ドラマを観る時間もなく!)重圧を感じていたのだが、尊敬するある先生が、そういうときは「ATMだよ」と励ましてくれた。銀行のautomated teller machineではなく、「明るく、楽しく、前向きに」という意味だそうだ。ふと気づけば、心に残る名言やおもしろいネタを提供してくれるすばらしい師匠たちが周囲にたくさんいた。もともと語学が好きなので多読も映画鑑賞も楽しいが、周りの先生方との交流や、学生が元気に授業に参加してくれる姿を見るのがやっぱりこの仕事を続ける一番のサプリである。感謝。

【プロフィール】小林 めぐみ(こばやし・めぐみ)
成蹊大学教授。ペンシルバニア大学卒業(社会言語学博士)。最近の著作に『社会人のための英語の世界ハンドブック』(大修館)などがある。

英語のオシゴトと私 第3回 ―山口美知代
サンドイッチの注文ができないとき

2018年9月25日|英語のオシゴトと私

 外国の店で食べ物を買おうとして、英語が聞き取れない、通じないという経験をした人は多いだろう。私もニューヨークのサンドイッチ店サブウェイで、尋ねられていることが聞き取れなくて何度も聞き返した。初めて海外に行った学生時代のことではない、つい一昨年のことである。「チーズ?」と聞かれているのだと最後にはわかったが、cheeseという簡単な単語が聞き取れなかったことに我ながら呆れた。特に癖のある発音だったわけではない。「ティー?」と聞こえて混乱したのだ。教壇に立つようになって二十余年。この期に及んでまだこういうことがあるのかと思った。やはり何事もシステムが理解できていないと聞き取れない、単語がわかっていてもだめ、などとその後もいろいろ考えた。折に触れ授業で言及してしまうような、自分としてはなかなか衝撃的な出来事だった。
 店頭でサンドイッチの注文ができなくて困る場面といえば、映画『マダム・イン・ニューヨーク』(2012)である。インド西部の都市プネーに住む主婦のシャシは英語が話せない。私立学校で英語による教育を受けている娘は、英語のできない母が保護者会に来ることを恥ずかしく思い、ビジネスマンの父に来てくれるように頼む。連邦公用語がヒンディー語、準公用語が英語であるインドにおいて、都市部のミドルクラスの家庭であっても、やはり英語が苦手な主婦もいるのだと、観客は引き込まれる。
 そんなシャシがニューヨークに住む姪の結婚式の準備を手伝うために、家族より前に単身渡米することになる。そして、昼食を買おうとしたマンハッタンの店で、店員に事細かに注文内容を尋ねられ、聞き取れず、話せずに立ち往生する。今年の2月、54歳で急逝したインドの人気女優シュリデヴィが、困ったように細かく首を振る仕草と、苛立ちを見せる女性店員の非協力的な様子が印象的な場面である。
 “What kind of filling do you want inside? Do you want cheese, tomatoes, lettuce?” “Huh?” “Lady, do you see, you’re holding up my line. This is not rocket science.”(字幕「中身はどうする? チーズ、トマト、レタス?」「え?」「ちょっと、後ろで人が待ってるの。簡単なことでしょ」)などと早口の英語にシャシが追い詰められていく様子には、何度見ても涙ぐみそうになる。
 この場面を大学の授業で見せて、感想を英語で書いてもらうことがある。総じて、英語非母語話者としての共感を綴る学生が多い。母語であれば簡単にできるやりとりが、外国語であるというだけで、聞き取れない、理解できない、恥をかく。こうした場面を見て、そこで直面する困惑と恥ずかしさ、そして英語が苦手な相手に向かってわかりやすく話そうともしない店員への怒りなどを覚えるのである。
 ところで、この夏、勤務する大学の提携校である中国の外国語大学で集中講義を行った。日本語学部大学院修士課程の2年生25名を対象に、日本人の英語に対する言語態度、英語を話す日本人の表象について日本語で話した。そのときに『マダム・イン・ニューヨーク』のこの場面も見てもらったのだが、そのあとの日本語作文を見て驚いた。「スマホの翻訳機能を使って対応すればいい」「スマホの辞書で調べて店員に見せればいい」「事前に食べ物、飲み物の英語表現を調べておくべき」という、問題解決型の内容が多かったのである。自分も英語や日本語を話すときに同じような経験をした、シャシが可哀そう、店員の態度はひどい、という感想もあったが、少数派だった。
 これだけのことで一般化はできないが、どうも日本の大学生の方が、英語が聞き取れない、話せないシャシへの感情移入の度合いが高いようである。英語が苦手ということをわが身に引き付けて受け止める傾向が強いともいえよう。私もその例に漏れない。そして、国をあげてのスピーキング力向上の掛け声が高まる昨今の入試改革についても、思いを巡らさずにはいられない。
 
 
山口先生【プロフィール】山口 美知代(やまぐち・みちよ)
京都府立大学教授。専門は英語学・英語学史。『世界の英語を映画で学ぶ』(松柏社)、『英語の改良を夢みたイギリス人たち―綴り字改革運動史1834-1975』(開拓社)ほか。

英語のオシゴトと私 第2回 ―山﨑のぞみ
街へ出ずとも、教室に行けば・・

2018年6月26日|英語のオシゴトと私

 日本未公開だが、『教授と美女』 (Ball of Fire) (1941) という古いアメリカ映画がある。7人の専門家と共に百科事典を編纂している言語学教授が、ナイトクラブで知り合ったセクシーな歌手を仕事場に招き入れて、俗語の調査に協力してもらう話だ。俗世間を知らない野暮な教授が、清掃作業員や新聞配達少年ひいては酒場の歌姫に教えを乞うて、「生きた言葉」の収集に奮闘するところが面白い。もちろん、コメディタッチで描かれる、教授と美女の間に芽生える恋のゆくえも見逃せない。
 百科事典を作っているわけではないが、長年、教師をしていると、街へ繰り出さなくとも、学生を通じて俗語ならぬ新しい言葉に出合える。学生との年齢差が開くにつれて、その機会は一層増すようだ。「言葉は生き物のように変化するもの」「年長者が若者の言葉遣いに眉をひそめることは歴史の常」と頭では分かっていても、自分の「辞書」にはない表現や使い方に触れると、その異次元の感覚についつい眉根を寄せてしまう。
 もうかなり前になるが、肯定的意味で「やばい」が使われるのを目の当たりにして戸惑ったものだ。「先生、これやばいですよ」との教え子の言葉に、批判かと勘違いして一瞬身構えたが、「とても良い」というプラスの評価に使っていると分かって心底驚いた。さらに目を丸くしたのは、「え~、やばっ!」とあいづち表現として多用されているのを耳にしたときだ。昔、若者の間で何にでも「うそ~」と反応するのが流行ったが、年長者が「うそではありません」と真顔で答えていたのも同様の気持ちだったのか。
 また、自分のことを「私」ではなく名前で呼ぶ女子学生が増えていることにふと気づいた。「先生、サキ、出席足りてますか?」などと聞かれたときは、友達のことを代わりに尋ねているのかと思い、しばらく話がかみ合わなかったほどである。
 最近では、立て続けに複数の学生が「ほぼほぼ」と言っているのを聞いて、「ほぼほぼ?なぜ重ねる?」と違和感を覚えていたら、程なくテレビでも聞くようになり、小学生の息子も「宿題、ほぼほぼ終わった」などと使うようになり…。あれよあれよという間に、某辞書メーカーの2016年新語大賞に選ばれるほどの地位を得ていた。
 反対に、こちらが「○○が関の山」「目から鱗」などと言おうものなら、古語でも口にしているのかというような顔を学生にされる。だが、このような日本語の変化を話の糸口に、英語の使い方のあれこれを話すのも楽しいものだ。
 学生と日々接することで得られるのは、新鮮な言葉だけではない。暗い部屋にこもって事典編纂に明け暮れている映画の教授たちと違い、毎日の授業のお陰で、90分という時間の管理能力が鍛えられる。映画では、9年経っても百科事典が完成しないことに業を煮やした助成財団が、援助の打ち切りをほのめかす。ピンチに陥った教授は、「編集の遅れは世の中の変化のせいです」と厳かに言い放って煙に巻く。授業に追われ、短期的な研究成果が求められる忙しい現代からすれば、なんとも悠長でうらやましい話である。
 タイムマネジメントが要の授業では、教師は時計をにらみつつ、学生の進み具合を見つつ、やることを臨機応変に判断して90分を組み立てていく。チャイムと同時にうまく内容がまとまればしめたもの。終了時間は特に大事だ。昨今の学生の時間割は非常にタイトで授業が詰まっており、サービス精神から授業を延長しようものなら、「次の授業に間に合わない」とクレームが出る。
 一方、学生がチラチラ時計を見るのは「早く終わらないかな」と思っているからに違いない。多くはそうなのだろうが、授業評価アンケートに一度だけ「時間の使い方がうまい」と書かれたことがある。苦労に気づいてもらえたかとニンマリしていたら、別のアンケート用紙には「やることが多過ぎる」とのコメントも。一筋縄ではいかないのが授業だ。それでも学生にフレッシュな活力をもらいながら、今日も授業に励んでいる。
 
 
山崎先生【プロフィール】山﨑 のぞみ(やまさき・のぞみ)
関西外国語大学准教授。専門は英語学。会話コーパスを使った英語の話し言葉研究に取り組んでいる。高校英語の検定教科書編集にも携わっている。英米のテレビドラマを見るのが楽しみ。