OLEXブログ

英語のオシゴトと私 第7回 ―今井康人
英語教育と生きる―学びは人生を変える―

2019年6月5日|英語のオシゴトと私

 尊敬する島原先生からエッセイを書かないかというお誘いをいただいた。お題は「英語のオシゴトと私」である。元々、執筆が嫌いではないので、すぐに興味を感じたが、そこはいい大人である。一呼吸おいて、少し落ち着いて考えた。もちろん、その程度で断る理由もなく、承諾のメールを送らせていただいたことから現在に至っている。

 僕は京都(烏丸)に住んでいる。長いこと北海道で英語教員をしてきたが、縁あって、京都と大阪の生徒を中心に英語を教えさせてもらっている。そもそも僕が英語教員になると決めたのは、中学校で出会った故・倉田秀夫先生の情熱的なご指導に触れてのことである。倉田先生が教える生徒たちはなぜか皆、優秀な成績を残した。先生はもともと田舎の小さな分校のような学校で教えていたが、そこから優秀な生徒が何人も輩出し、大きな学校に転勤された先生であった。当時の僕は英語が好きで、一生懸命に勉強していた。僕が中学2年生になったとき、その学校の倉田先生のクラスになり、ますます喜んで英語の授業を受けていた。当時、先生は音読を授業の中心においていた。教科書の英文を何度も何度も繰り返し音読した。英語はいつしか得意教科となり、将来、英語教員になるという夢を僕に与えてくれた。大学も外国語学部英語学科に入り、英語教員になるという目標を胸に、学生生活を送っていた。
 大学4年の時、ある財団主催の留学試験を受けた。1年間の留学費用が全額無料になるという制度で僕は最終審査に残った。2年越しの挑戦であった。合格までもう一歩のところまできていた。ここで留学が決まれば、人生が変わると思っていた。かなり力が入っていたことは間違いない。そこで僕は、英語の質疑応答で宗教的な話題になったとき、キリスト教について詳しくもないのに熱弁をふるった。熱心な信者でもない僕が話した内容は極めて薄く、信ぴょう性のないものとなり、面接官の方々の苦々しげな表情は今でも忘れられない。結果はもちろん、不合格。このショックは大きかった。自分を良く見せようとしたことが失敗の原因だった。面接の受け方をここで思い知ったのだ。この苦い経験が、その後、教員採用試験で逆に力となった。そして今も生徒の面接指導に生きている。
 今年、教え子の一人が東京大学理科一類工学部に推薦入試で合格した。面接練習も行った。「自分を良く見せようとするから緊張する。今の自分を正直にそして正確に見てもらうことが面接では重要」と指導している。
 大学卒業と同時に教員として採用され、以来、高校で英語を教えてきた。教科書執筆の機会もいただき、新しい指導方法を研究開発し、幸運にも本や問題集も執筆している。現在、教え子たちは大きく羽ばたいている。高校3年間で、共に英語を学んだ生徒たちの活躍が何より嬉しい。2年間浪人していた教え子が、推薦書を依頼してきた。もちろん全力で書いた。センター試験が終わり、教え子から合格したとの連絡が来た。合格先は、奈良県立医科大学医学部であった。彼の医者になる夢が現実となった。受験は厳しいが、乗り越えれば人生は変わる。逃げずに挑戦する者に夢の実現は訪れる。

 英語学習に近道はないが、王道はある。基礎(語彙と文法)を充実させ、理解し、内在化し、発信することが言語習得を促す。活動は、Q&Aが軸となるだろう。summaryやopinionを自分で作成できるようになることが重要だ。その方法を学び、実行できるようにすることが何より大切なのだ。英語は音と文字が意味を示す。この音、文字、意味の認知を進め、表現できるようにする力を鍛えるべきである。最終的に、堂々とdiscussionできる人材になってほしい。
 英語は言語、つまり人の思いを乗せて伝えるものだ。分かり合える瞬間に感動がある。学びには人生を変える喜びがある。「英語のオシゴト」は今まさに僕の生きがいとなっている。深謝。

 

【プロフィール】今井 康人(いまい・やすひと)
立命館中学校・高等学校(京都)教諭(マイスター・ティーチャー)。高等学校で教鞭をとって37年目。2014年に新英作文指導法を研究開発し、その指導法は全国に広がっている。英語教育セミナーを全国で行い、さらに英語教育今井塾(英語教員対象)を展開し、後輩の育成に尽力している。著書に『英語を自動化するトレーニング』(アルク)、『ゼスター総合英語』(Z会出版)、『英語力が飛躍するレッスン』(青灯社)など。

英語のオシゴトと私 第6回 ―石塚美佳
好きこそ物の・・・

2019年4月22日|英語のオシゴトと私

 多種多様なことに興味を持つ私には、飽きっぽいという一面がある。ピアノや水泳は56年、アニメの追っかけは3年、ダイエットにいたっては各種数日ずつで終わっている。そのような私が今日に至るまで継続できていることが2つある。1つはバレエやコンテンポラリーダンス、演劇、歌舞伎やミュージカルといった舞台芸術鑑賞。これは40年以上続いている。もう1つが英語に関する興味である。「英語に関する興味」と言ってしまうとかなり大ざっぱな感じだが、中学1年生の時に初めて英語に触れて以来、英単語や文法と日々格闘することはあったものの、嫌いになることはなく、英語と英米文化に興味を持ち続けることができた(と言っても、アメリカの大学院で勉強し始めた時は、そのハードさ故に、英語を見るだけで吐き気をもよおしそうな時も…)。

 英語が好きになったきっかけはいくつかある。1つはTVの音楽番組で Peter, Paul and Maryというフォークソンググループが “Blowin’ in the Wind” と“Puff, the Magic Dragon” という歌を歌っているのを聞いて、英語で歌が歌えるといいなと思ったことである。もう1つは、ハマっていたアニメーションの関連グッズに、“Man may transcend even time years ahead ―人類は時間さえ超越するかもしれない” と書かれているのを見て、なぜだかかっこいい!英語ってかっこいい!と思ったことである。このアニメーションにはカタカナ語が多く使われていて、それが英語であると徐々にわかった時、逐一その単語の意味とスペリングを調べていたのであった。

 英語と現在の仕事とを結びつける最大のきっかけは、高校1年生から2年生になる春に、英国短期留学のプログラムに参加したことである。イギリスでホームステイをしながら語学学校で約2週間勉強し、残りはパリ、ジュネーブ、ミラノ、フィレンツェ、ローマを駆け足で訪れ、文化遺産を見て回る、といった語学の勉強と異文化社会見学を兼ねた研修プログラムであった。2週間という短い期間であり、なかなか上手く自分の考えや気持ちを英語で伝えられない状況ではあったが、ホストファミリーとも仲良くなり、英語をさらに勉強したいと思うきっかけとなった。研修参加前には、大学で日本文学科に進学するつもりで受験科目も選択済みだったが、帰国後すぐに進路変更して英米文学科を目指すことに決めたのである。元々、教師を志望していたので、国語教師から英語教師へと将来の希望も大きく変わることになった。

 このイギリス短期留学では、実は大失態をおかしている。当時、中高の親しい友人と日曜日にも会えるからという単純な理由で、日曜学校に通っていた。イギリス滞在中の日曜日にカンタベリーを訪れる機会があり、せっかくの貴重な機会なので英国国教会総本山であるカンタベリー大聖堂での礼拝に出てみたいと思ったのだった。日曜学校で礼拝に出席したことがあるから大丈夫、と楽観的に考えて出席したのだが、渡された日曜礼拝の式次に目を通してもよくわからない。宗派が異なれば、式次だって違うことを知らず、日本での自分のわずかな経験だけに頼って出席したばかりに、なんと献金と聖餐式(洗礼を受けた信者だけがパンと葡萄酒を口にする儀式)を間違えてしまったのであった。気づいた時には既に遅し…。いま思い出すだけでも顔から火が出そうだ。自分の英語力の低さと異文化理解に対する知識のなさを実感した。だが、この経験は授業で言葉と文化について語る時には役立っている(が、もちろん学生に、そして家族にもこの体験については語っていない!)。

 それなりの長い年月、教師として英語と関わってきたが、自分が理想とする英語のレベルには、なかなか思うように到達できないのが現実である。とはいえ、授業では音楽(歌)や映画を題材に扱うことも多く、自分が好きだった歌や感動した映画の台詞を紹介しながら、新しい教材を開拓している。「好きこそ物の上手なれ」。まだまだ修業の身。上手だとは自信をもって言えないが、好きでいることが継続のモチベーションになることは間違いないと思う。好きな英語と関わるオシゴトを続けていられることに感謝しながら、今後も英語の魅力を学生たちにもっと伝えていきたい。それが、学生たちが若いうちに体験を通して感性を磨くきっかけにつながって欲しいと願うばかりだ。

 

 

【プロフィール】石塚 美佳(いしづか みか)

東京工科大学教養学環教授。専門は英語教育学。
高等学校検定教科書(2009年~)、『Study Bear 中学2年編』(旺文社、2002年)、『英検準2級問題集』(旺文社、2005年)、『American Spirits in Movies -名作映画で学ぶアメリカの心』(成美堂、2010年)、『第二言語習得と英語科教育法』(開拓社、2013年)などの執筆に携わる。
趣味は舞台芸術鑑賞。

英語のオシゴトと私 第5回 ―島原一之
バックパッカーから予備校講師へ

2019年2月18日|英語のオシゴトと私

 「英語のオシゴトと私」というお題のリレーエッセイのバトンをいただいて、はて私のオシゴトは英語なのだろうかと戸惑ってしまう私は、英語を職業としている方たちの中では、やはり少し異端なのかもしれない。
 予備校で英語を教えはじめて早30余年。実に人生の半分以上の間、受験生相手に英語を教えることを生業としてきたのだから、なるほど英語は私のオシゴトなのだが、この仕事を自ら希望して選択したという自覚はない。
 大学卒業後はバックパッカーだった。1年の半分ほどを小学生相手の学習塾でつるかめ算やら和差算やらを教え、お金が貯まるとふらり残りの半年は東南アジアを放浪するという無鉄砲ででたらめな日々を数年間過ごした。こんな生き方がもしかしたら一生可能かもしれない、そんな錯覚もあったが、たまたまアルバイトのつもりで入った予備校が、全国規模の校舎展開を進めている時期で、私の仕事も何故かどんどん増えていき、とうとうバックパッカーどころではなくなり今日に至る。それが正直な実感である。
 バックドアからするりと入り込んでしまった英語稼業ではあるが、正門からこの稼業に入った方たちとはまったく違った形で、ある意味ユニークなキャリア形成ができたのではないかという自負もある。
 私は大学で英語学や英語教育法を学んだわけではない。受験生に英語をどのように教えたらいいのかは、多くの受験生と出会い、そしてネイティブスピーカーから貴重なアドバイスをいただきながら、手探りで探ってきたし、それは今も続いている。はじめてテキストの英作文の模範解答作成を依頼されたときのことだ。解答例のチェックをお願いした日本語が堪能なイギリス人に、漢字交じりの “Awkward, but 受験 is OK.” というコメントをいただいたときのあの複雑な気持ちは今もまざまざと覚えている。
 awkward なのはもちろん私の英語力不足が最大の原因なのだが、実はそれだけではなく、日本語と英語という全く異質の言語との間で等価な表現を求めようとする上での、時に非常に本質的な問題もはらんでいる。
 予備校が新聞に発表する大学入試問題の解答作成の場で、あるネイティブスピーカーとお互い熱くなってしまったやり取りも今となっては懐かしい。入試の英作文の日本語の一段落をそのまま英訳したつもりなのに、「これはパラグラフではない」と突っ返され、何度かの原稿の応酬の後、結局、英語と日本語という2つの言語の論理的構造の違いなのだと、はたと気づいたときはやはり虚を突かれる思いだった。
 日本語の段落とは異なり、英語のパラグラフは「文と文の間の強い結束性」、「パラグラフとしての論理的な一貫性」が必要である。文と文とが緩やかな繋がりしか持たないことが多い日本語の1つの段落を、そのまま和文英訳したところで、それは英語のパラグラフとしての論理性を持たないこともある。
「私は日本語は読めないが、あなたの説明を聞く限りこの文章は論理的ではない。従って英語にはならないので、解答不能と書くのが正解。」
噛み合わないやりとりに嫌気が差したそのネイティブスピーカーは、入試問題の日本文を、人差し指で苛立たしげに叩きながら興奮した口調でそうまくし立てたが、解答不能という解答は予備校講師には許されてはいない。

 今、日本の英語教育は大きな転換期を迎えている。2020年からはいよいよ小学校英語が教科としてスタートする。英語教育の改革が時代の要請であると積極的に推進を図る人たち、あまりに稚拙な早期英語教育の導入に懸念の声を上げる識者、どちらもそれなりに説得力のある主張を繰り広げているが、バックドアから英語稼業に入り込んできた私の目にはまったく別の光景が見えている。
 小学校に英語が導入されたのは2011年。移行期間はさらにその2年前から。つまりここ数年の予備校に来る高卒生の多くは小学英語の経験者ということになる。まず気になるのは彼らの字が下手になったこと、読みにくくなったことだ。
 私の世代の中学1年生の英語の授業は、四本線のペンマンシップのノートにABCをひたすら書くことから始まった。「英語に親しみ、英語を楽しむ」という理念の下で「話す」「聞く」活動から入る小学英語では、ペンマンシップのような面白みの欠ける単調な作業は軽視されているようだ。一方で、中学校では小学校ですでに英語を学びはじめているという前提で授業が進められるらしい。どうやらノートの罫線に沿ってまっすぐに英単語を綴るというトレーニングは小学校でも中学校でも不十分のようだ。
「小文字のaやcやeの下の部分がノートの罫線に触れるように、yやgやpは罫線の下につきだして書くこと。それからcomma とperiod は単語にぴたりと貼り付けて。改行して行頭にcomma を書いたらダメ」
難関大学の英作文の添削を求めてやってくる受験生に、まずはこうした指摘からしてやらないといけないというのは、やはりそれまでの8年間の英語教育に根本的な欠落部分があるということではないだろうか。
 基礎的な文法事項のミスも目に付く。英作文を書かせたときの三単現のsの脱落は本当に増えた。「主語」が「三人称」「単数」で時制が「現在形」の時に動詞の後ろにsを付けるという作業は、主語とは何か、人称とは何かについて、実はかなり抽象的なレベルでの認知を行っている。
 ある動作や行為の主が、「自分」ではなく、目の前にいる「おとうさん」「おかあさん」でもなく、今この場所にいない「誰か」である場合、動詞の終わりにsを発音するという知的操作を、英語を母語とする幼い子供たちは一体どんなふうに習得していくのか、子供たちの頭の中でどのような「学び」と「気づき」が行われているのか、私には想像すらつかないが、ともあれ、完全に日本語の環境の中で暮らしている日本の子供たちが、週何回かの英語の授業だけで、そうした抽象的認知に到達するためには、時代には逆行するが、やはりきちんとした文法指導が必要なのではないだろうか。

 外国語を習得するということは、相当の時間と努力が求められる地道な作業である。英語教育の未来について、立派ではあるが空疎な理念をぶつけ合う空中戦はそろそろやめにして、実際の英語教育のリアルな姿を、冷静に検証してみる必要があるのではないか。英語がオシゴトであることに未だ自覚的になれない私はそう思っている。



【プロフィール】島原 一之(しまばら かずゆき)

河合塾で30年以上にわたって英作文や英文読解を指導。河合塾内での模試や教材の作成のほか、高校英語の検定教科書『Vision Quest』の執筆にも携わっている。『オーレックス英和辞典 第2版新装版』のコラム「Boost Your Brain!」、『コアレックス英和辞典 第3版』中の「Get It Right!」を執筆。