OLEXブログ

新語リポート 第3回 略語とその種類①―花本金吾

2015年12月16日|新語リポート

 
 英和辞書の編集作業における新語の扱いについて全6回の予定で話を進めているが、第3回の今回は略語(abbreviations)について述べてみたい。
 略語は長い語(句)や概念を短縮したものなので、書く場合にはスペースの節約になるばかりか、話す場合にも素早い意思の疎通が図りやすくなる。略語は日々数多く生み出されており、瞬時に消えてしまうものがある一方で、長く生存権を獲得していくものもある。辞書編集に際しては、それらの見極めが重要な作業の一つになる。
 略語は一般的には、①語(句)の一部を切り取って作る「端折り語(clipped word)」、②複数の語群または複合語のそれぞれの頭文字を並べて作る「頭(かしら)文字語、頭字語(initialismまたはacronym)」、③2個の単語それぞれの一部を組み合わせて作る「混成語(blend)」の3つに分類される。
まずは、それぞれについて具体例を示そう。
 ①「端折り語」はstump-word(切り株語)、elliptical word(省略語)などとも呼ばれるが、application(s)「アプリ」を意味するapp(s)、advertisement(s)「広告」を意味するad(s)などがその典型例である。return (ticket)、oil (painting)のように複合語の第2要素を省略する、いわゆるclipped compoundはあまり多くはないが、これも端折り語に属する。作り方としては語頭を残すものが多いが、(heli)copter、(tele)phoneのように語尾を残すものや、(in)flu(enza)、(de)tec(tive)のように中央部を残したものもある。また人名の愛称では、Elizabethのように、Liz [Lizzie, Lizzy]、Beth [Betty, Bettie]と異なる部分を略す場合もある。
 ②「頭文字語」では、BBCBBCBritish Broadcasting Corporation)「英国放送協会」やBSEBSEbovine spongiform encephalopathy)「牛海綿状脳症、狂牛病」のように、略語のアルファベットを1字ずつ発音するものと、MOOC(s)MOOCmassive open online course(s))「大規模オープンオンライン講座」やAIDSAIDSAcquired「Immune Deficiency [OR Immunodeficiency] Syndrome)「後天性免疫不全症候群、エイズ」のように、独立した単語として発音するものとの2種類がある。かつては前者をinitialism、後者をacronymと称し、区別して扱われることも多かったが、現在ではその区別はほぼなくなった。その結果、initialismとacronymはほぼ完全な同義語となった。
 区別がなくなったのには、それなりの理由が考えられる。最近では、例えば、VAT(value-added tax)「付加価値税」のようにVAT1VAT2の二通りに発音するものや、DVD-ROMDVDROMのように1つの略語の中に2種類の発音の仕方が混ざったものも増え、区別をする意味が失われてしまったわけである。
 この②の範疇に入る略語として、この数日の間にぼくの目に触れたものには、TPP(Trans-Pacific (Strategic Economic) Partnership (Agreement))「環太平洋(戦略的経済)連携協定」、TTIP(Transatlantic Trade and Investment Partnership)「環大西洋貿易投資パートナーシップ」、LGBT(lesbian, gay, bisexual and transgender)「性的マイノリティー」(最近ではquestioningあるいはqueerを表すQを加えて、LGBTQとすることも増えた)などがある。
 特にSNS上ではスペース上の制約から一つの概念を表す略語が生まれやすく、ユーモア感を持つものも多い。最近ますます広く使われるようになっているemoji「絵文字」は、略語そのものではないが、シンボルによって意思の疎通を図ろうとする点では、この種の略語と意図を一つにするものと言えるであろう。
 具体例は、TGIF(Thank God It’s Friday)「やれやれやっと金曜日だ」、NIMBY(not in my backyard)「ニンビー(的態度)」、FOMO(fear of missing out)「(SNSを使わないときの)一人取り残される恐怖」、YOLO(You Only Live Once)「人生は一度きりだ」などである。
 最後の③「混成語」とは、breakfastとlunchとを組み合わせて作ったbrunchのような略語のことである。多産な範疇であるが、これについては次回に譲らせていただくことにする。
 
 
【プロフィール】花本 金吾(はなもと きんご)
早稲田大学名誉教授。専攻はアメリカ文学・アメリカ語法。『全国大学入試問題正解・英語』の校閲のほかに『英熟語ターゲット1000・4訂版』『基礎英作文問題精講・改訂版』(いずれも旺文社)など著書多数。『オーレックス英和辞典』編集委員、『オーレックス和英辞典』専門執筆。

新語リポート 第2回 既存語の新しい語義―花本金吾

2015年10月23日|新語リポート

 
 辞書編纂の作業の中で目立たないながらも重要な仕事の一つに、「既存語への新語義の追加」がある。新しい事象や考えは全く新しい単語や表現によって表されることが多いが、既存の単語や表現を使って表されることもあるわけである。
 例えば、現在では知らない人はいないと思われるほどに一般化したtwitterを見てみよう。この語の元の語義は、名詞で「(小鳥の)さえずり、くすくす笑い」、動詞で「(小鳥が)さえずる」などである。ところが、TwitterというSNSの急速な普及で「(Twitterでの)つぶやき」、「(Twitterに)つぶやきを投稿する」という全く新しい意味で使われることが圧倒的に多くなった。twitterとほぼ同じ語義を持つtweetについても同様で、今ではやはり「つぶやき(を投稿する)」の意味での用法が中心である。
 今回はこのような「新しい語義を持つに至った既存語」のうち、特に興味深いとぼくに感じられた例を二つ挙げてみたい。
 第一の例は、他動詞のembedである。これは2003年に始まった米国によるイラク侵攻のころから、主にembedded reporter [journalist]の形で使われるようになった。「~を埋め込む、はめ込む」の意の動詞であるembedが、上の表現では、「従軍(記者[ジャーナリスト])」の意味になっている。いつ、どのような経緯で上記の意味で使われるようになったのかについては、今もつまびらかにできていないが、2003年以前ではなかった、と考えている。ぼくの調べた範囲でこの新しい語義を最初に収録したのは、The New Oxford American Dictionary [NOAD] 2nd edition (2005)であった。もちろん現在では、和洋の相当数の辞書がembedの語義として、「(記者・ジャーナリスト)を従軍させる」を収録している。
 第二の例は、「(テロ容疑者などの)他国への引き渡し」の意味でのrendition、同じく「引き渡す」の意味での動詞renderである。これらが使われるようになったのもイラク戦争の中ごろからである。「翻訳、解釈、演奏」などの意が最も一般的なrenditionが、どのような経緯で上記の意味で使われるようになったのか。調べてみると、renderが語源にhand over、give upなどの意味を持っており、それが名詞として発展し、「(国外逃亡犯の)引き渡し」となり、主に法的なコンテクストの中で使われていたことがわかった。米語に関して最も権威のある辞書と見なされてきたWebster’s Third New International Dictionary (1961)では、確かに第二の語義として、extradition「(国外逃亡犯の)引き渡し」が与えられている。
 だとすれば、これは新語義追加の例に当たらないのではないか、という疑問が出ても不思議ではない。ところが2004から2005年以降に使われる場合の意味は、同じ「引き渡し」でも従来の意味とは本質的に異なる。その違いとは、条約などの正規な手続き(due process)を経て行われてきた「引き渡し」が、「テロリストを正規な法的手続きによらずに、投獄・取り調べの目的で他国に引き渡すこと」になった点である。つまり、renditionの新語義は、ある意味で不法取引とも言いうる「引き渡し」になってしまったのである。
 このあたりに2001年9月のいわゆる同時多発テロを被った米国民の、そしてその政府の動揺や怒りが感じ取れるかもしれない。しかしこのようなrenditionに対して厳しい批判を浴びせている論者は多い。いずれは米国史の中で、この時代の汚点を暗示する語として残るかもしれない。
 今回は、新語といっても単語そのものが新しいのではなく、新たな意味で使われるようになったケースについて述べてみた。前述のTwitterもそうであるが、最近はLine、Periscope、Vine、Whisper、Yelpなど、主にSNS関連で、一般語を固有名詞化した商標が増えている。Apple、Subwayのように、すでに辞書編纂では省けないものも生まれている。収録を迫るものとして、今後どのようなものが生まれるのであろうか。
 
 
【プロフィール】花本 金吾(はなもと きんご)
早稲田大学名誉教授。専攻はアメリカ文学・アメリカ語法。『全国大学入試問題正解・英語』の校閲のほかに『英熟語ターゲット1000・4訂版』『基礎英作文問題精講・改訂版』(いずれも旺文社)など著書多数。『オーレックス英和辞典』編集委員、『オーレックス和英辞典』専門執筆。

新語リポート 第1回 新語の誕生とその広がり―花本金吾

2015年8月11日|新語リポート

 
 辞書を選ぶ際に何を基準にするかについては、いろいろな考えがあるだろう。比較的基礎的なレベルの学習者なら、そのレベルに応じたものがベストであろうから迷いは少ないだろうが、一般向けの辞書の場合はどうだろう。
 インターネット上での売り上げ順位とか周りの意見などを参考にする人も多いだろう。だがいずれにしても、「最近定着した新語や新表現がどの程度収録されているか」を基準の一つにする人は多い。ぼくの同僚たちの様子を見ても、2~3個の新語に当たってみて、それが出ていなければ、「この辞書はだめだ!古い!」と簡単に結論を下す者が多かった。辞書の編纂に深くかかわる立場の人間としては、何とも残念な気持ちになったが、逆に、「やはりある程度の新語収録は必要だ」との思いも強くしたものだった。
 ぼくは旺文社の『オーレックス英和辞典』の編纂で新語選定を担当しており、同社が年2回春秋に刊行している高等学校の英語教員向けの情報誌Argumentに、10年以上新語に関する連載を続けている。生まれ続ける新語について、少しでも新情報を提供したい思いによるものである。
 同じような思いの元に今回から6回にわたり、新語についての情報をお届けすることになった。新語といっても、例えば、breakfastとlunchのそれぞれの一部を組み合わせてできたbrunchといった混成語もあれば、LGBTのように4つの単語の頭文字でできた頭文字語もある。新しい考えによって生まれたUberやAirbnbのような企業名もあれば、学問の深化・細分化に伴って増える分野名などもあり、実に多種多様である。
 第1回目の今回は、1つの新語が生まれ、それが定着した場合、それを核として関連語がどんどんと増えていく過程を、selfieを例にしてたどってみよう。
 selfieが「自撮り写真」の意味であるのは、現在では万人周知のところであろう。しかし、ぼくが2013年秋号のArgument誌で取り上げた時点では、まだかなり目新しい単語であった。ところがわずか2年足らずの間に完全に日常語になっただけでなく、次のような表現が生まれる母体ともなった。現在までのぼくのメモでは、selfie stick; usie; selfie publishing; selfie generationと続く。
 selfie stickも現在では完全な日常語となっている。これが自撮り写真を撮る際にスマートフォンなどを身体から離して固定するための「自撮り棒」であるのは言うまでもない。
 usieは、誰か他の人と一緒に写したselfieのことである。このusがweの目的格のusであるのは言うまでもないが、この語はいささか「自然さ」に欠ける感じなので定着するかについては疑問視せざるを得ない。
 selfie publishingは、「個人対応の出版(業)」のことである(新語を収録する場合の最大の悩みは、それを「いかにわかりやすい日本語に訳すか」である)。最近のBloomberg BusinessWeek(Jul.13-Jul.19, pp.59-61)誌は、インターネット上で2~6歳の子供向けの絵本の出版を始めたある企業家の話を伝えているが、この表現はそこで使われている。注文する側の親が自分の子供の名前と性別を送信すると、出版社はその子供に合わせた内容の絵本を製作して宅配してくる。読み終わると子供の名前が現われ、子供は大喜びする仕組みになっているのだという。昨年度の業績は英国内の絵本の部でトップになるほどの人気だったという。
 この表現は、Googleで見る限り、今のところ用例は多くない。従来なら、personalized publishingあたりが妥当な表現であろうか。これがどの程度定着するのか、今後を待つことになる。
 selfie generationについては、ずばり「セルフィー世代」という訳だけにとどめておこう。
 次回は辞書学的見地から新語・新表現を大まかに分類しながら、話を進めてみたい。
 
 
【プロフィール】花本 金吾(はなもと きんご)
早稲田大学名誉教授。専攻はアメリカ文学・アメリカ語法。『全国大学入試問題正解・英語』の校閲のほかに『英熟語ターゲット1000・4訂版』『基礎英作文問題精講・改訂版』(いずれも旺文社)など著書多数。『オーレックス英和辞典』編集委員、『オーレックス和英辞典』専門執筆。