OLEXブログ

メタファーの森 第6回 遍在するメタファー ―内田諭

2012年11月9日|メタファーの森

 
‣‣はじめに
 これまで「人生」「怒り」「幸せ」「時間」「愛」などに関するメタファーを見てきましたが、英語にはこの他にも様々なメタファーがあります。今回の記事では「考え」「会社」「希望」という3つを取り上げ、私たちの言語はメタファーにあふれているということを改めて見ていきたいと思います。

‣‣「考え」のメタファー
「考え」は「構築物」に例えられます。日本語でも「考えを論理的に組み立てる」などのように表現されます。「構築物」には「土台」があり、「組み立て」られ、「解体」されます。これらのシナリオが「考え」を表す表現にも適応されます。

 【Idea is a building.】
 1. Drawing a figure will help you build an idea.
   図を描くと考えを組み立てる助けになるでしょう
 2. Her question was quite simple but it took me a while to assemble my thoughts.
   彼女の質問は極めて単純だったが私の考えを組み立てるのに時間がかかった
 3. I had to re-structure my thinking.
   私は自分の考えを組み立て直さなければならなかった
 4. The experiment demolished the idea of a distinction between the two types.
   その実験によって、2つのタイプを区別するという考えは崩れ去った
 5. The foundation of your idea is certainly valid, but you should reconsider how you
   develop it.
   あなたの考えの基礎は確かに妥当だが,発展の方法を再考するべきだろう

 1の表現は、まさに「考え」を「組み立てる」という表現です。buildの他、structureやframeなどの動詞も用いられることがあります。2も同様のイメージです。3は考えを「建て直す」、4は「取り壊す」ことを表す表現です。5は、考えの「土台」をfoundationという単語で表しています。 
 
‣‣「会社」のメタファー
「会社」は目的地に向かって進む「船」に例えられ、「社員」は船に乗る「乗組員」に例えられます。また、船は目的地に向かって航行することから、会社の経営状態が船の進む様子になぞらえられて表現されます。

 【A company is a ship.】
 1. I feel my company is sinking. 私は自分の会社が沈みつつあると感じる
 2. We should run a tight ship on expenditure to get through the recession.
   不況を乗り切るには支出を厳しく管理をしなければならない
 3. This is not just about you―we are all in the same boat.
   これはあなただけの問題ではありません.みな同じ船に乗っているのですから.
 4. This is uncharted territory for our company.
   これは私たちの会社にとって未知の領域だ
 5. We need to take a different direction; otherwise our company will be on the rocks.
   違う方向に進まなければならない.そうでなければ私たちの会社は行き詰ってしまう

 1は「会社」という船が沈没寸前であることを述べ、会社の業績が悪化していることを表します。2のrun a tight shipは「厳しく管理する」の意味で、慣用的な表現として用いられます。3のall in the same boatは「運命共同体」「一蓮托生」などの意味で用いられます。同じ船に乗っているのだから、沈む時はいっしょだというイメージがこの表現の根底にあると言えます。4は「海図に載っていない水域を航海する」という意味から、thisの指す内容が、当該の会社が経験したことのない分野であることを示します。5は、会社という船が進む進路や行程についてのメタファーです。会社の経営が「船旅」であるとすると、「旅」のメタファー(life→第1回love→第5回)と通じるところがあることがわかるでしょう。
 

‣‣「希望」のメタファー
 最後に「希望」のメタファーを見てみましょう。「希望」は「光」と「火」に例えられ、それらに関連したメタファー表現が多く見られます。

 【Hope is light.】
 1. I strongly believe that there is still a ray of hope.
   私はまだ一縷の望みがあると強く信じている
 2. I have a bright hope that the project will be successful.
   私はプロジェクトが成功するという明るい希望を持っている
 3. The prospects are gloomy for the next year’s sale. 来年の売上の見通しは暗い

 1-3は「希望は光である」というメタファーに基づいた表現です。1のrayは光線を指します。文字通りには「一筋の光」となります。また、glimmer (かすかな光)of hopeという表現もあります。2, 3は、明るさは希望があることを、暗さは希望がないことを表す例です。3のgloomyはもともと暗さを表す形容詞ですが、転じて「悲観的な」という意味を表します。
 
 次の4-6の例は、「希望は火である」というメタファーに基づいた表現です。火が灯った状態で希望があるということを表し,火が消えることは希望がなくなることを表します。

 【Hope is fire.】
 4. Her face was lit with hope. 彼女の顔には希望の火が灯っていた
 5. They are burning with hope. 彼らは希望に燃えていた
 6. The news extinguished the flame of hope. そのニュースが希望の火を消してしまった

 
‣‣まとめ
 言語はメタファーにあふれています。しかし、じっくり考えないとその存在はなかなか気づかないものです(意識しないと「空気」の存在を感じないことに似ているかもしれません)。ひとたびメタファーに気がつけば、「この表現もそうか」、「なるほどそういう意味だったのか」といった発見があるでしょう。また、一度「理解」した表現は記憶にしっかりと残り、他の関連表現といっしょに記憶にとどまります。メタファーはことばを客観的に見ることができる一つの視点であり、また、ことばを学習するための一つのツールでもあるとも言えるかもしれません。
 
 この連載は今回が最後となります。メタファーの面白さ、また、ことばを分析することの面白さが少しでも伝わったのであれば嬉しく思います。最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 
 
 
【プロフィール】 内田 諭(うちだ さとる)
東京外国語大学特任講師。専門は認知意味論・語用論・辞書学。『オーレックス英和辞典』ではNAVI表現を担当。著書に『連関式英単語LINKAGE』(Z会,2011年)など。

メタファーの森 第5回 愛のメタファー ―内田諭

2012年9月4日|メタファーの森

‣‣はじめに
 今回はまずメタファーに関する概念を少し整理することから始めたいと思います。これまで登場したメタファーは“X is Y.”(例:Life is a journey.)という形式で表されていました。つまり、メタファーにはXとYという2つの要素があることになります。Xはサキ領域(target domain)と呼ばれ、メタファーで表現される対象となるもので、多くは抽象的な概念になります。一方、Yはモト領域(source domain)と呼ばれ、表現の「材料」となるものです(こちらは具体的で経験可能なものになります)。メタファーとは、モト領域の構造や性質が、サキ領域にマッピング(写像)された表現だということができるでしょう。
 一つの概念は、様々なものに見立てられることがあります。例えば、「時間」の表現の裏には<Time is money.>や<Time is motion.>などのメタファーがあることを前回の記事で紹介しました。 一方、Yに来るものも、様々なメタファーのモトになります。例えば、「旅」は<Life is a journey.>や<Love is a journey.>など、「人生」や「愛」のモトになります。それ故、「人生」と「愛」の表現は似たものになります。以下では、「愛」を表すメタファーについて見ていきましょう。
 
‣‣愛は旅である
 <Love is a journey.>というメタファーに基づいた表現は次のようなものがあります。

 【Love is a journey.】
 1. Tom and Mary are in a dead-end relationship.
   トムとメアリーの関係は行き詰まっている
 2. Tom and Mary are at a crossroads in their relationship.
   トムとメアリーの関係は岐路にある
 3. Tom and Mary chose to go separate ways.
   トムとメアリーは別の道を歩むことを選んだ
 4. Our marriage is on the rocks. 私達の結婚は暗礁に乗り上げている

 1の例は恋人同士の関係が行き詰まった状態にあることを表します。それ以上前進することができない「どん詰まり」の道はdead-endと言いますが、これが恋愛関係に適応された例です。2のcrossroadは文字通りには「交差点」という意味ですが、そのまま関係を続けるのか、別れるのかといった分岐点にあることを表現しています。3の例は、同じ道を旅してきた恋人が別れて別々の道を進むことを表します。4のon the rocksという表現は、文字通りには「岩に乗り上げている」ということで、船が座礁している様子を指す表現です。その様子を愛(ここでは特に結婚)について当てはめると、問題(岩)によって前に進むことができない状態を表しています。
 これらの表現は、第1回の記事で紹介した<Life is a journey.>というメタファーと非常に似ていることに気がつくと思います。次の文と比べてみて下さい。

 【Life is a journey.】
 5. My life is in a dead end. 私の人生は行き詰まっている
 6. My brother and I chose to go separate ways. 弟と私は違う道を進むことを選んだ
 7. I’m at a crossroads of my life. 私は人生の岐路に立っている
 8. My life is on the rocks. 私の人生は暗礁に乗り上げている

 このようにモト領域が共通すると、表現は類似したものになるということがわかると思います。つまり、材料となるモト領域の共通性から、「人生」も「愛」も何か目指すべきところ(目的地)があり、そこに向かって進んでいく(旅をする)という類似の構造が浮かびあがってきます。
 
‣‣愛とは…?
 「愛」をテーマにした文学や音楽の作品は非常に多く存在します。これらの作品は「愛」という抽象的な概念を形のあるものとして「表現」しようとする試みだと言えるかもしれません。
 「愛」に関するメタファーもまた数多く存在します。<Love is a journey.>もその一つですが、ここではそれ以外のメタファーを見ていきましょう。

 【Love is fire.】
  9. My heart is on fire. 私の心に火がついた
 10. I’m burning with love for her. 私は彼女に恋焦がれている
 11. I don’t want to get burned again. もう(恋で)やけどはしたくないんだ
 12. She’s an old flame. 彼女は昔の恋人だ

 上の例は、「愛」を「火」に喩えた表現です。日本語の訳からもわかるように、このメタファーは日本語にもしっかりと存在しています。12の例のold flame(文字通りには「昔の炎」)は、英語独特で面白い表現です。

 【Love is a string.】
 13. There once was a romantic tie between them.
    かつて彼らの間には恋愛関係があった
 14. You should cut ties with a man like him. 彼みたいな男とは関係を断ったほうがいいよ
 15. I feel linked with her by destiny. 彼女と運命の糸で結ばれている気がする
 16. She has little attachment to her boyfriend any more.
    もはや彼女は彼にほとんど愛情を持っていない
 17. My sister is going to tie the knot with her classmate next year.
    姉は来年クラスメートと結婚する予定です

 13-17は「愛は糸である」というメタファーに基づいた表現です。恋愛関係にある二人が糸で結ばれているというイメージからこれらの表現が生まれたと考えることができます(日本語では「運命の赤い糸」という表現があります)。糸を結ぶことは恋愛関係になること、糸を切ることは恋愛関係を解消することになります。17のtie the knotは「結婚する」という意味の慣用表現です。

 【Love is fluid in a container.】
 18. My heart was filled with love. 私の心は愛で満たされた
 19. Tony has poured out his love on his wife. トニーは妻に愛を注ぎ続けてきた
 20. My heart overflows with love for you. あなたへの愛で心が溢れそうです

 18-20の例は、「愛は容器に入った液体である」というメタファーに基づいています。英語の感情表現はこのように容器に入った液体と見立てられることがよくあります(→怒りのメタファー)。日本語の「溺愛する」という表現も、「溺れるくらい大量の愛を注ぐ」ということだと解釈すると、「愛」は「液体」に見立てられていることがわかります。
 
 この他にも<Love is nutrient.>(愛は栄養である)というメタファーからHe is starved for love.(彼は愛に飢えている)といった表現や、<Love is sickness.>(愛は病気である)というメタファーを基にしたlove sickness(恋煩い)といった表現があります。
 
‣‣まとめ
 今回は「愛」を表すメタファーについて見てきました。モト領域が同じ場合(例:lifeとlove)、似た表現が用いられること、また、「愛」は表現するのが難しい概念故、多くのメタファーが存在することを示しました。
 この連載は次回で最後となります。これまで見てきたもの以外にも、英語には様々なメタファーが息づいているということを、具体例を挙げて見ていきたいと思います。
 
 
 
【プロフィール】 内田 諭(うちだ さとる)
東京外国語大学特任講師。専門は認知意味論・語用論・辞書学。『オーレックス英和辞典』ではNAVI表現を担当。著書に『連関式英単語LINKAGE』(Z会,2011年)など。

メタファーの森 第4回 時間のメタファー ―内田諭

2012年7月2日|メタファーの森

‣‣はじめに
 今回から個別の概念を取り上げ、それが英語ではどのようなメタファーによって表されるのかを見ていきます。当たり前のように思えることもあるかもしれませんが、それは「当たり前」と思えるくらいにメタファーが言語に根付いているからだと言えます。その「当たり前」を掘り返して客観的にみることで、英語の表現を深く理解し、表現の幅を広げることができるようになります。今回は「時間(time)」について見ていくことにしましょう。
 
‣‣時は金なり
 Time is money.(時は金なり)ということわざがあります。実はこれはそのままメタファーとして英語の表現に深く入り込んでいます。つまり、「時間」という目に見えない抽象的な概念を、「お金」という具体的な形になぞらえることで、時間についてさまざまな意味を表現できるのです。

 【Time is money.】
 1. I spent a lot of time with her. 彼女とはたくさんの時間を過ごした
 2. The company has invested a lot of time in this project.
   その会社このプロジェクトに多くの時間を費やしてきた
 3. In programming, a simple mistake can cost you hours of wasted time.
   プログラミングでは単純なミスで何時間も無駄な時間がかかることがある
 4. You should budget your time for each question properly.
   それぞれの問題に適切に時間配分をすべきだ
 5. This software will save you a lot of time.
   このソフトで多くの時間を節約できるでしょう
 6. I’m running out of time for the deadline. 締め切りまでもう時間がない

 spendは「(お金を)費やす」のほかに「(時間を)過ごす」という訳が一般的に用いられるため、あまりメタファーだという印象を受けないかもしれませんが、invest, cost, budgetなど、お金に関連する語彙が多く使われていることに注目してください。このことからこれらの表現の裏には “Time is money.” というメタファーが隠れているということがわかるでしょう。
 
‣‣時間は動く
 Summer vacation is approaching.(夏休みが近づいてきている)という表現では、「時間」は「動き」としても捉えられます。動いているものは「時間」(夏休み)で、それが「私たち」に近づいてきているという捉え方です。

 
 Time passed very quickly.(時間はあっという間に過ぎた)という表現も、静止している「私たち」の前を、「時間」が動いて過ぎていったということがイメージできると思います。
 逆に、時間ではなく、「私たち」が動くという表現も可能です。We’re approaching the end of the year. (私たちは年の瀬に向かっている)という表現がその例です。

 
 このように、時間を動きとして捉えた場合、「時間」が動く表現と、「主体」が動く表現に分けて考えることができます。それでは具体的に英語の表現を見てみましょう。

 【Time is motion.】
 Moving time
 1. The New Year is approaching. 新年が近づいてきている
 2. The exam period is drawing near. テスト期間が近づいてきている
 3. Spring is coming. 春が近づいている
 4. Time passed very quickly. 時間はあっという間に過ぎた
 5. The time has come for us to change. 変わるべき時がきた
 6. Time flies like an arrow. 光陰矢の如し
 7. Time marches on. 時は刻々と過ぎゆく
 Moving ego
 8. We are heading for Christmas. もうすぐクリスマスだ
 9. We are getting close to the summer vacation. 夏休みに近づいている
 10.We’re approaching the end of the year. 私たちは年の瀬に向かっている

 これらの表現を見てみると、「時間」と「主体」の接近に関する表現が多いことがわかります。その際、動く側が主語となっていることがわかるでしょう。「時間」が主語の表現のほうがどこか客観的で、「主体」が主語の場合は主観的でダイナミックな表現になっていることも見て取れます。
 6.と7.は、使われる動詞によって時間の動き方をうまく捉えた表現です。6.のflyは「飛ぶ」ことで時間の動くスピードを、7.ではmarch(行進する,整然と進む)が、時間が残酷なまでに規律正しく進んでいく様子を捉えています。
 
‣‣まとめ
 今回は「時間(time)」に関する英語のメタファーをみました。 “Time is money.” と “Time is motion.” というメタファーを取り上げ、後者には「時間」が動く “Moving time” と「主体」が動く “Moving ego” という2つの下位分類も考察しました。
 次回は、「愛(love)」についてのメタファー表現を紹介していく予定です。
 
 
 
【プロフィール】内田 諭(うちだ さとる)
東京外国語大学特任講師。専門は認知意味論・語用論・辞書学。『オーレックス英和辞典』ではNAVI表現を担当。著書に『連関式英単語LINKAGE』(Z会,2011年)など。